So-net無料ブログ作成
検索選択

籠の中の水銀燈は・・・。 [人形(SD)]

飛ぶ鳥の声、海鳥のはばたく姿を見ていた水銀燈は、視線を遠くにして何かを考えていた。

 そういえば、海猫亭に来てから翼を広げて飛び立つことがない。

 彼女には、いつでもここから飛び立つことが、そして、どこへでも飛んでいってしまえる、

 飛べないほかの子達には決して望みようの無い、そういう自由の形の選択肢がある。

 だから、彼女が、遠くを見つめる姿を見たときは、正直、こころが騒ぐ。

  飛び立つ日が来るのだろうか・・・それとも、海猫亭に居続けていてくれるのだろうか?

 「水銀燈」
 
  おとや「銀さん・・・(いつまでも居て欲しいけれど・・・)、旅立ちは・・・桜の花の頃かな?」
  銀さん「・・・そうですね・・・桜の花の頃がいいですね・・・」
  おとや「 ((;゜д゜)) がががあーーーーん (← 娘が初めて彼氏を連れてきたときの、
       おとさんの)衝撃!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
  銀さん「静ちゃんや琥珀ちゃんは里ワンオフさんだし、一緒に行けたらいいね!」
  おとや「あれ? 銀さんってば、それで、帰ってこなくなっちゃったり・・・しないかな?」
  銀さん「えー!(驚)、 ふるふる(否定の横振り)、海猫亭には永久就職っておとや言って
       たじゃない。 まさか、私をくびにするっていうのは聞いてないよ!」
  おとや「いやいや(喜)、銀さん遠くに羽ばたいて行ってしまう気がしたんですよ・・・・。
       でも?桜の花の頃ってどこか行く予定あるの?」
  銀さん「ええ、出来たら、桜の花の咲く頃の京都に旅してきたいかなあって思っていたんですよ。
       そして、里にも寄りたいなあって思っていました。ちゃんと、帰ってきますからね(笑)。」
  おとや「(・・・ホッ♪) そうですか、桜の花の満開の京都はいいですよね。」
     
 と、いうことで、天使の里「霞中庵」の地図をぺたり。

天使の里・霞中庵


nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 1

桜護 音也

はっこう様、PRISM様、go_og 様、ご訪問とnice!をいただき、ありがとうございました。
by 桜護 音也 (2008-02-16 09:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。