So-net無料ブログ作成
ワイン ブログトップ

オーパス・ワン ・・・たこさんとかわんこのこととちゃいます♪ [ワイン]

いろいろとお世話になっているリカーショップで、

 非常に評価が高い赤ワインが、2万円を切るお得な値段で購入出来る
 と聞いて、即、購入した ・・・ 

 オーパス・ワン 2005ですわん♪
IMG_7165_1_1_1_1.JPG

ロバートモンダウ゛ィ&ロートシルトですよね。
IMG_7166_1_1_1_1.JPG

 噂の銘酒ですので、たのしみです。


 さて、実は今日、みみっちーところもあるのですけれども、
 どーも納得いかないことがありました。
 台風接近でいつもより更に朝はやく出勤し、やはり途中、雨に降られたりしたのですが、
 なんとか職場の最寄の駅に着き、
 いつも通り過ぎていたパン屋さんに初めて朝ごはんのパンを買いに入ったのですね。

 レジの若いお嬢さんは、4~5人並んでいるのに、なんかもったりの動作。
 なんかジレジレしてきたころにやっと私の番です。
 私が220円の買い物に1020円(千円札と10円2枚)を支払ったところ、
 おつり800円の4枚の硬貨をちょっとぞんざいに返され、私はそのまま、
 小銭入れに4枚をいれたのですけれども、その時、
 なんか違和感があったのですね。

 そのときすぐに指摘すればよかったので、その点で、なぜか自分が悪くなっちゃう
 おかしい事になるのですけれども、小銭入れの中に500円玉が無いのです!

 つまり、100円玉4枚を出されたのですね。
 100%誤りだったことは、小銭入れの中に500円玉が無いことで私は分かったの
 ですけれども、
 ・・・すぐに小銭入れに入れてしまったので、そして、すでに何人もレジに並び、
 相変わらずのったりぞんざいに会計をしているお嬢さんのようすを見て、
 その時は何も言わず、店を出て来てしまったわけです。

 400円、寄付してしまいました。 む? 220円じゃなくて620円のパンを食べたと思って?
 でも、そういうことって、あとで、後悔と言うか納得いかなさがくすぶってくるんですね。
 
 400円っていうと、時給800円のところでは30分のお仕事の対価でいただける金額。
 決して小さな額ではないですね。 へこみました。

 あのパン屋さん、売上に対して400円お金多いの分かっても、

 まいっか! ラッキー!! ・・・なんだろなあ。  

 後の祭りってやつですね。 

 みみっちいお話ですみませんでした。 

 はあ~。   ・・・ 美味しいワイン飲んで寝よ♪
 

ボージョレー★ヌーボー [ワイン]

11月20日解禁のお祭り的ワインでありますが、


 今年は、予約購入ということで、9本のワインを引き取りに行きました。 重っ!

 
 ラベルが綺麗なので、写真アップしてみました。
 IMG_4647_1_1_1_1.JPG

 一番右のワインのラベルがクリスマスっぽくて素敵☆
 IMG_4649_1_1_1_1.JPG

 1本だぶって写してましたね。 左隣にあと1種類があるんですけど・・・写して無かったみたい。
 IMG_4651_1_1_1_1.JPG


9本まとめて並べると圧巻です♪  値段も・・・あはは。
IMG_4655s_1_1_1_1.jpg


  美味しくって言うよりは楽しくいただきますね♪


  追伸: 今日の情熱大陸は、金本のあにき・・・勇姿を満喫させていただきました。 拝。

閑話休題 [ワイン]

実は、SD(お人形さん)さんの100%専門ブログのつもりではないのですが、

 つい、調子に乗ってしまいまして、バナー等を貼った現在のレイアウトを見ると、

 限りなくSDさん専用ブログの様ですね・・・・。

  特に自分で世界を狭めるような決まり事も設けているわけではないので、

  SDさん以外の話題も自由にしていくつもりですが、

  SDさんに免疫のない方が、SDさん関連以外の字句でのブログ記事の検索で

  こちらに遊びに訪問いただき、SDさんの写真を見ることになる・・・ というのは、

  気になるところではあります。 

  
    さて、今回は、お酒のお話です。


    栃木県足利市のココ・ファーム・ワイナリーさん製造の
    限定(予約)スパークリングワインが手に入りました。
    ウッシッシ・・・。

   「NOVO(のぼ)。ブリュット(辛口)とドゥミセック(甘口)。」
    日本独特種のブドウ、リースリング・リオン種で作られた、
    2種類のスパークリングワインです。
   20080506_0308_1_1_1_1.JPG

ブリュット(辛口)
20080506_0309_1_1_1_1.JPG
ドゥミセック(甘口
20080506_0310_1_1_1_1.JPG

ブリュット(辛口)
20080506_0311_1_1_1_1.JPG

 このスパークリングワインに合う料理
   →生牡蠣、イクラのカナッペ、生ハム、お寿司、中華前菜、真鯛のお造り、鰈の唐揚げ、
     蛤の酒蒸し、白身魚の天ぷら、蕎麦せいろ 等々・・・ 美味しそうですね。 むふふ!     

ドゥミセック(甘口
20080506_0312_1_1_1_1.JPG 

 このスパークリングワインに合う料理
   →フルーツ、各種デザート、苺(フルーツ?)、生ハムメロン、フォアグラのテリーヌ、
     クレープ・シュゼット、アイスクリーム、ミルフィーユ、葡萄パン 等々 ・・・デザート系ですね。

     
   少し置いておいて、熟成を楽しむことも出来るそうですね。
   
   暑い夏に冷やしていただくか、暖房の効いた冬に楽しむか・・・わくわくです。

ほっとひと息。 [ワイン]

ご近所のお酒の小売店で、なんとすてき!
  ココファームさんのワインを見つけて即購入しました。

  以前、仕事で宇都宮に3年間住んでいた時に、仕事でよく行ってい
  た足利市にココファームさんがあることを知り、日本でこんなに素晴
  らしいワインを作っているところが、(山梨とか新潟とか秩父とかすで
  に有名なところとは違ってという意味です。足利市でぶどうから作っ
  ているワインがあることを知りませんでしたので)あるんだと感心し、
  足利市内で売っているのを見かけては購入していました。
  宇都宮を離れ、足利市へ行く機会も無くなってからなかなか売っている
  のを見かけなくなっていたんですね。
    
 「赤ワイン&白ワイン」
 

 写真のアップです。
 

  本当にバランスよく日本のワインだなあって思わせる繊細な味でした。
    
  美味しかったよ \(^-^)/ 。

ココ・ファーム・ワイナリー


ワインを飲もう! [ワイン]

ソムリエール(コミックスの単行本が3巻まで出てますね。)が、読みやすくて面白いです。

 若いソムリエ候補の可愛いお嬢さんが主役ですね。 

  日本では・・・お酒は20歳から・・・なんですが、仏で育ったお嬢さんで、勉強家。
  パーフェクトにブラインドで判っちゃったりします (〇^~^〇;))。 まっいっかね。

 桜護は、ワイン大好き! ブログのフォームも秋らしくしたので、ワインのお話をちこっとです。

 ワインは、本当にたくさんの種類があって、面白くて奥が深いです。

 理想は、お手頃に安くて、とっても美味しい(コストパフォ-マンスがイイってところですね)こと。

 ですが、たまには有名どころのワインも楽しみたいですね。
 
 で、いま、後生大事に、大切にしまっているのが、ムートン・ロートシルトの1998年。

            

   毎年、有名アーチストの絵がラベルとなっていましたね。

   しかし、1998年は・・・変な絵ですね(トホホ)。

   ムーミンに出ていた淋しい雪男モラン?(うろおぼえですが・・・)とかにちょっと似てるかな?

   まあ、お味には関係ないので、変な絵でも何にも問題はありません(あたりまえ)。

   さて、いつ、飲もうかな♪


霞町葡萄酒三昧 [ワイン]

久しぶりに、友人達と美味しいワインと食事をたのしみました。

 ブログを始めたことと無粋だけど写真を撮りたいことを話すと、友人達も
お店のご主人も快く承諾。有難いです。

 
  仕事終了後、すみやかに撤退し、一生懸命「六本木」駅へ。
  西麻布2丁目交差点から程近くに、その素敵なお店「英仁倶」があります。

           
       入り口。とてもシックでいい感じです。
        

       
       20時から、宴の始まりです。室内は落ち着いた雰囲気です。
        

         最初は、シャンパンで乾杯です。
          

         とてもキレの良い薫り高いシャンパン。
          

          このお店は、パンも最高に美味しいのです。
          

          前菜の生うにと生さざえの冷たいパスタ。
          最初から絶品の一品。
          さざえの苦味が洋ねぎの甘さと程よくコラボで、生うにが相乗する・・・。
          

  
         
       料理が素晴らしいので、早くも今日のお楽しみ、
       CHASSAGNE-MONTRACHET(2004)です。
       

        素晴らしく美味しいのひとことです。料理とワインの相乗効果も最高!

        次の料理は炙った白アスパラガスとしいたけ、それに生ハム。
        絶妙な塩加減とレモンの酸味と香りが利いた、白ワインにとても良く
        合いました。

       その次の料理は、トマトベースの冷製スープ。細かく刻んだ小さな胡瓜が、
       アクセントとして実に美味しさを引き立たせていました。
       見た目も美しかったです。
         

        シャサーニュ・モンラッシェをあっという間に空けてしまったので、ご主人
        におまかせで、料理に合うワインを追加。 OMRAH。  
         

        
         香りがよく、少し独特な特徴のあるところが、たまらなくなりそうな美味しさ。

         次の料理も絶品。
         川崎大師のはまぐり鍋の14年ものよりも遥かにでかい・・・素晴らしい
         はまぐり。スープもはまぐりの旨味がたっぷり。美味しかったな。
         

         参考に、はまぐりの殻をひっくりかえしてみました。大きいでしょう?!
         
       

         そして、メインディッシュ・・・。
         ご主人におまかせの赤ワインは、
         VOSNE ROMANEE(2003)。
         

         
         素晴らしい状態でいただけました。香りが立っていて、時間とともに変化する
         そして、料理ととても相性がよく、楽しめました。

          メインディッシュは、牛の上カルビの厚いステーキ。
          

     
          美味しすぎて言葉が・・・・・。
          いままで食べた牛さんの中でも確実に5本の指に入ります。
          牛さん、ありがとう。ご主人にも、ありがとう。
          厚みを見てみてください。こんな感じです。
          

           
           メインを食し、満足したところで、
           黒オリーブ、チーズ類、果物などをつまみゆるゆると。
           
 
           そして、〆のワイン。
           ROBERT MONDAVI(2004)
           

           レベル高すぎ。美味しい♪

           
           幸せな時間は、あっという間に過ぎました。
           また、みんなで、行きましょう。
           そして、ご主人には、感謝です。最高のワインと料理、
           そしておもてなしはプライスレス?

                               


ワイン ブログトップ