So-net無料ブログ作成

ちょっと・・・けしからん本♪ [本]

だいぶ前から、いくつかの本屋さんで探しては、所在がつかめなかった、

 お捜し本その2です。


 と、いっても、アマゾンで通販でいつでも入手出来るんですけれど・・・。

 それは、やはり、本屋さんの店頭で入手するほうが、

 めんどくさくないわけでして、それで、ようやく入手いたしました。


  表紙から衝撃的な雰囲気ですけれど、全裸とか上だけとかも無く、

  お肌の露出度は低い、チラリと妄想というところの

  いわゆる絶対領域の芸術性探求による写真集?

  というわけでありますね。

  そうそう、お顔もほとんど出ていません・・・私の説明だけだとわけわからん本ですね。

  貞本先生(エウ゛ァのキャラクターデザインの偉大な先生)が好きなのわかる気がしますよ♪
   IMG_1165.JPG

夏休みに読書を。 その2. [本]

今回は、人形に関する本を2冊、ご紹介します。


 まずは、天野可淡の作品等を編集紹介した本です。
  IMG_6888_1_1_1_2.JPG

  球体関節人形好きな方の中には、ご存知の方が多いと思います。
  相当強烈な作品の数々ですが、私は好きです。


 次に、映画「エコール」の映像世界を球体関節人形で表した写真本です。
  IMG_6878_1_1_1_2.JPG

  相当繊細な写真構成となっております。

  2作とも、木造校舎のワックスの匂いがするような学校の図書館室で、
  初めて見つけて、どきどきしながらページを開くのが似合いそうな、
  そして、新しい感性を刺激されるような、そんな、不思議な本だと思います。
 

夏休みに読書を。長野まゆみ先生。 [本]

夏休みの自由研究とかで、図書館で本を借りて、読書感想文を何度かの夏に

 提出した記憶があります。

 何度かっていっても、その学年での夏休みは生涯1回きりなのですが、

 子供の時の時間の流れは、とてもゆっくりと流れていたように思います。

 
  昨年よりは違うのだけれども、小学4年生から小学5年生になっても、

  永遠に学校生活が続くような、違いのあまりはっきりしない、そんな気持ちを

  持っているような、そのもやもやした感覚は、読書という触媒によって、大きな

  清涼感を思わせる本(物語)等によって、度々、将来や夢や別の世界の空想

  などをイメージ体験させてくれて、まあ、それが面白かったわけですね。


   さてさて、そこで、素敵な装丁の長野先生の本を(内容は省略!読んでみてね)

   ご紹介します。装丁だけでも美しくて楽しめます。

    IMG_6861_1_1_1_1_1.JPG

    IMG_6862_1_1_1_2.JPG

    IMG_6863_1_1_1_2.JPG

    IMG_6864_1_1_1_2.JPG
     夏休みの課題にいかがでしょうね。 

     そして、まあ、登場人物のそれっぽい、金髪セーラー服の「雪流(ゆきる)」(SD)さんを
     配しました。
       IMG_5420_1_1_1_1.JPG